野球肩になった場合の部活練習のありかた!

野球肩になった場合の部活練習のありかた! 野球肩とは、スポーツなどの際に肩に負担をかけすぎた場合に起きる肩の痛みで、症状が進行すると、安静時にも痛みがおきてしまい精神的に不安になってしまうこともあります。
また、肩を上にあげることが難しくなることや、肩を動かす時に「クリッ」と言う様な音が出る場合もあります。
治療方法としては、患部を安静にすること以外に、アイシング・ストレッチング・消炎鎮痛薬やヒアルロン酸の注射が必要になり、場合によっては手術が必要になります。
野球肩の原因は肩に過度の負担が生じてしまった場合に起きますので、事前予防として、部活などでの練習の際に注意することに加えて部活が終わった後に適切なアイシング・ストレッチングなどを行うと効果的です。
生徒自身が注意することに加えて、指導者や保護者が生徒のことを考えて配慮することが好ましいと言えます。
野球肩になってしまった後は、医師などに相談の上、肩に負担がかかる様な練習を避けた方が良いと言えます。

野球肩にならないためにやっておくとよい部活後のケア

野球肩にならないためにやっておくとよい部活後のケア 野球をしている人が鳴りやすいのが「野球肩」と呼ばれる症状です。
球を投げるときに肩に痛みを感じたり、腕を上げる際に痛みがあるもののレントゲン撮影などで調べてみても異常が見つからないのが特徴です。
こうした症状がおこる原因は、肩に負荷がかかりやすいことにあります。
野球肩にならないためには部活後にしっかりとケアすることが大切です。
お勧めは「アイシング」で肩に冷却剤をのせたり、コールドスプレーなどで肩を冷やして多くのがよいでしょう。
数分間しっかりと冷やしたら、軽く肩やひじを延ばす動作をしましょう。
固まった筋肉を少しずつほぐしていって、最後は肩やひじを軽くねじる動作をして終了です。
部活後に10分から15分ぐらいあればできるケアですが、やるとやらないとではその後の野球肩の発症率に違いが出てきます。
もし、すぐにこうしたことができない場合にはお家に帰ってから、「冷やす」「温める」の交互に行う温冷交代のアイシングがおすすめです。