ケアを必ず行なおう

ケアを必ず行なおう プロ野球選手が肩を痛めてしまうのは、毎日厳しいトレーニングと試合を行なっている影響だとすぐにわかりますがアマチュアの草野球でも野球肩と呼ばれる肩の関節が硬くなる病気になるので注意が必要です。
野球肩は初期の頃は痛みではなくだるさを感じますが、次第に激しい痛みに変わって関節周囲が石灰化してしまい一生ものの怪我に繋がります。
草野球で特に投手を務めている方は、必ず試合が終わった後にケアを行ないましょう。
ケアの仕方は難しいものではなく簡単なストレッチと保冷剤を用いた患部の冷却だけなのでどなたでも行なうことが可能です。
子供の場合は特に骨がまだ柔らかく野球肩になりやすい状態にあるので、保護者が必ず試合終了後に肩のストレッチをしてあげないといけません。
もしご自身でマッサージやストレッチが行なえないという場合は、野球肩に対応している鍼灸院に行くのも手です。
スポーツを行なううえで怪我はつきものですが、予防をすることも選手の努めといえます。

草野球で起こりやすい野球肩、ストレッチ、柔軟が必要

草野球で起こりやすい野球肩、ストレッチ、柔軟が必要 日々の生活の中に汗を流すことはストレス発散にもなり、健康にも良い事です。
野球の経験者の人が久々に草野球をはじめるケースは少なくありません。
しかし、草野球を始めてから野球肩を発症する人は多くいます。
はじめは昔のように軽く投げることが出来るので調子が良く感じますが、肩の筋肉は久しぶりに使うので、運動不足により弱っている筋肉を無理やりに引っ張ることになります。
そのことで最悪の場合、破裂をおこしたり筋肉が骨を引っ張って骨折をおこす場合もあります。
野球肩は柔軟やストレッチを念入りに行うことで防ぐことが出来ます。
久々に行うのでしたらストレッチ、柔軟に加え少しずつ体を慣らしていき徐々に思いっきり体を動かすようにします。
このように少しずつ行うことで筋肉や肩への負担が少なく、野球を昔のように楽しむことが出来ます。
現役のように軽く投げることが出来ると思われる肩も、実は悲鳴を上げていることを忘れてはいけません。
自分の好きなことを楽しむためにも意識を持って取り組む必要があります。