成長期に部活で野球をするなら「野球肩」に注意

成長期に部活で野球をするなら「野球肩」に注意 中学生・高校生と成長期に野球部に入部して、部活を頑張るお子さんも少なくありません。
ただ、成長期で野球をするという場合は、「野球肩」に注意が必要です。
野球肩は文字通り、野球をしている人に起こりやすい症状です。
肩の力だけでボールを投げてしまうと、筋肉に負荷がかかり痛みを生じるようになります。
特に中学生・高校生という年代は、野球肩を引き起こしやすいようです。
特に小学校から高校生一年生の人と、高校二年生以上で運動を毎日している人は注意するようにしましょう。
小学校から高校生一年生という年齢は、骨と比べると筋肉と筋力が十分発達していません。
ですので無理な練習を続けてしまうと、筋肉にダメージが加わり痛みを生じるリスクが高まります。
高校二年生ともなると大人と変わらないほど筋肉もつくので、普段の練習だけでは傷めにくくなります。
しかし、オーバーワークや練習後のケア不足によって、野球肩を引き起こす場合もあるようです。

日常の部活で発生する野球肩についての説明文

日常の部活で発生する野球肩についての説明文 日常の学生生活の部活動で発生する野球肩は、肩の筋肉を使用しすぎることにより、発生してしまう問題です。
そのため、適切なケアをしなければ、野球肩の症状を悪化してしまうだけでなく、最悪の場合は、痛めた方が上がらなくなってしまうこともあるのです。
部活動を終えた後は、必ず肩をケアすることを忘れないようにしましょう。
特に肩については冷やすことが望ましく、冷却スプレーを使用することが良いです。
冷却スプレーは一般的なドラッグストアで販売されているので、野球をやっている学生だけでなく、日常的に肩を使用することが多い方であればこのような商品を購入しておくと症状が悪化しなくて済みます。
そのほか、肩の筋肉の硬直を防ぐために、入浴中にもみほぐすことも忘れてはいけません。
血行不良になってしまうとますます野球肩は悪化してしまいます。
それを防ぐために、血行を改善させるために、入浴中に肩をもみほぐすことが重要になるのです。